コラム

Chrome68が公開されました。

常時SSLイメージ

アイバーグ 代表の桑原です。

 

先日7月25日にChrome68が公開されました。

このバージョンより、常時SSL化の対応を行っていないサイト(http://)は、アドレス欄に「保護されていません」という警告が表示されるようになりました。

みなさんの運営しているサイトは大丈夫でしょうか?

 

「保護されていません」という警告が出ているサイトから、お客様は安心して問い合わせできるでしょうか?

競合するサイトに「保護された通信」と表示されていれば、そちらに問い合わせをしようと考えるのが普通です。

 

また、httpsのサイトを検索順位で優遇するという発表もしていますので、httpのままで対応していないサイトは検索順位にも影響が出てきます。

 

まだ対応をしていないという担当者は、一日でも早く対応することをお勧めします。